成長曲線ダウンロード

低身長での受診の時、成長曲線は必ず必要です

こちらから成長曲線のダウンロード(PDF)が行えます。

  • ●母子手帳と記入済みの成長曲線をご持参ください。
  • ●最初は保護者の方だけの来院でも構いません。
  • ●まず、母子手帳や成長曲線をチェックし、体の診察を行います。
  • ●問診でご家族の様子や、食事や生活習慣、過去の病気などを詳しく伺います。
  • ●必要があれば、手の骨のレントゲン、尿検査、簡単な血液検査に進みます。
  • ●さらに必要があれば、染色体検査や成長ホルモン負荷検査に進みます。
  • 男の子用成長曲線
  • 女の子用成長曲線

 

私は、岡山大学小児科在籍中に、軟骨形成不全症の成長ホルモン療法に関わっていました。

文献1文献2文献3 (これらは医学博士取得のための副論文となりました)

ちなみに、医学博士取得の主論文は、低リン血症性くる病に関するものでした。

その時に得た知識と技術が、低身長に悩むお子さまのお役に立てれば幸いです。

もう少し詳しい説明は、低身長の項をご参照ください。

コンテンツ

角丸

アクセスカウンター

  • 971670総閲覧数:
  • 296今日の閲覧数:
  • 331昨日の閲覧数:

Copyright(C) 2014. YAMATE CLINIC.Allrights Reserved.