夜中の急変

熱が出た

今まで元気であったのに急に出た熱は、あわてて受診しても診断がつかないことが多いです。熱だけで他に大きな症状がなければ、水分補給をしてそのまま様子を見てよいでしょう。子どもの機嫌が悪かったり眠れないときは、熱さましを使ってもかまいません。ぐっすり眠っているようなら、熱は下げない方がよろしい。生後6か月以下の赤ちゃんも、原則として熱さましは使いません。次の日の朝になっても熱があれば、夜になってまたあわてないように、かかりつけ医を受診されたほうがよろしいでしょう。

コンテンツ

角丸

アクセスカウンター

  • 971670総閲覧数:
  • 296今日の閲覧数:
  • 331昨日の閲覧数:

Copyright(C) 2014. YAMATE CLINIC.Allrights Reserved.