院長からのメッセージ

スギ花粉症の舌下免疫療法、スタンバイしました

スギ花粉症の減感作療法は、これまで皮下注射療法しかなかったのですが、この度、舌下療法(口の中に含んで飲み込む)が保険適応となりました。この治療法は、医師なら無条件でできるわけではなく、ちょっとしたハードルがありました。先日、はるばる三重県まで講習を受けに行き、本日テストに合格して、やっと許可がおりたのでした。この治療法の最大のメリットは、注射と違って痛くなく、自宅でできるということです。ただ、必ず毎日この治療法のために数分の時間をとっていただかなければならず、治療期間も最低2~3年はかかります。その覚悟がある方は、ご相談ください。ただし、まだ年齢制限がありまして、12歳以上です。治療を希望される方は、初日はまず具体的に治療について説明いたします。それで、十分納得された方には、後日、日を改めてお薬を処方いたします。来院初日からは治療は致しませんので、あらかじめご了承ください。もう一つ大切なことは、スギの花粉が飛び始めると新たな治療の開始ができなくなるため、12月中遅くとも1月前半に開始する必要があります。

コンテンツ

角丸

アクセスカウンター

  • 1021068総閲覧数:
  • 151今日の閲覧数:
  • 430昨日の閲覧数:

Copyright(C) 2014. YAMATE CLINIC.Allrights Reserved.